能力不足により解雇されてしまいました。解雇は不当ではないでしょうか。|不当解雇・退職勧奨はベリーベスト法律事務所へ
menu
  • 小
  • 中
  • 大

よくある質問

不当解雇に関するよくある質問

Q1

ここ数カ月、営業成績が、営業部中一番下の状態であったのですが、就業規則中の「業務能力が著しく劣り、または勤務成績が著しく不良のとき」に該当するという理由で、解雇されてしまいました。能力不足での解雇は不当ではないのでしょうか?

A1

能力不足による解雇であっても、不当解雇に該当する可能性があります。

このような解雇の場合、就業規則にいう「労働能力が著しく不良」に該当するかどうかが問題となります。

ただし、労働能力の不足を理由とする解雇が有効とされるのは、不良の程度が著しい場合に限定されます。

ここ数カ月営業成績が一番下という状態であったそうですが、このような相対評価の場合、相対評価が低い者は常に存在しますので、単に相対評価が低いというだけでは解雇事由には該当致しません。

また、営業成績が不良でなかなか改善されない場合でも、いきなり解雇するのではなく、会社側の教育や、本人の能力に見合った部署に配置転換するなど、会社側には解雇を回避するための措置を尽くすことが必要とされます。

■上記のご質問に関連するページのご案内

不当解雇・退職勧奨トップへ戻る

営業時間9:30 - 21:00(平日)9:30 - 18:00(土日祝日)
不当解雇、残業代、労働災害の初回相談料60分無料!
  • 無料通話 0120-666-694
  • お問い合わせ