menu
  • 小
  • 中
  • 大

よくある質問

不当解雇に関するよくある質問

Q2

勤務先の社長から、即刻クビだと言われ、不当解雇だと抗議したら、「1ヵ月分の給料を払うのだから不当解雇でも何でもない。」と言われました。本当でしょうか。

A2

本当ではありません。解雇をする場合には、原則として、30日前に予告をするか、30日分の平均賃金を支払う必要があります(労働基準法20条1項)。社長の言う「1ヵ月分の給料」とは、この30日分の平均賃金のことを指していると思われますが、仮に、30日分の平均賃金を支払ったとしても、解雇に必要な手続を守っているというだけで、「不当解雇」として無効になるかどうかとは別の話になります。

すなわち、上記の手続を守っていたとしても、解雇が、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして無効とされるのです(労働契約法16条)。

したがって、「1ヵ月分の給料」を払って解雇したとしても、不当解雇として無効と判断される可能性がありますので、不当解雇であると争えるかどうかの確認のためにも、一刻も早く弁護士に相談することをお勧めします。

■上記のご質問に関連するページのご案内

不当解雇・退職勧奨トップへ戻る

営業時間9:30 - 21:00(平日)9:30 - 18:00(土日祝日)
不当解雇、残業代、労働災害の初回相談料60分無料!
  • 無料通話 0120-666-694
  • お問い合わせ