解雇されてしまったら

辞職なのか?解雇なのか?

辞職なのか?解雇なのか?

会社にクビと言われたときに、はっきりさせておかなければならないことは、「あなたが会社から解雇された」ということです。

  • 辞職…自分から会社を退職した
  • 解雇…強制的に会社を辞めさせられた

「自分の意思で辞めた」のか、「会社都合で辞めされられた」のか…これは、裁判になったときの非常に重要なポイントになります。というのも、辞職であれば、あなた自身が納得して会社を辞めたことになるので、退職の有効性を争うことができないからです。

ですから、辞職届を提出したり、退職合意書にサインしたりしてはいけません。会社から次に説明する「解雇通知書」をもらわなければならないのです。

解雇通知書をもらおう

まずは、会社から「解雇通知書」をもらいましょう。
これにより、裁判で、会社が一方的に解雇してきたことを立証できますし、仮に解雇が有効だった場合でも会社から解雇予告手当をもらえます。

会社は、後になって「解雇なんてしてない。勝手に辞めた。」と主張してくることもあるので、「解雇通知書」を作ってもらうことは解雇を争う際の第一歩として重要です。

解雇理由をはっきりさせよう

解雇理由をはっきりさせよう

同時に、会社に対して、解雇理由の証明書を要求しましょう。会社は、解雇理由を文書で出す義務があります。

その際、解雇理由はできる限り具体的に書いてもらいましょう。解雇の理由が、労働者の業績や能力等を理由にするもの(普通解雇)か、使用者の事業の縮小等によるもの(整理解雇)なのか、違反行為などによる懲戒解雇なのかによって、後の裁判での争い方も変わります。

また、会社は裁判が始まると解雇の理由を後からいろいろこじつけて増やしてくることがあります。そのためにも解雇の時点で会社が何を言っていたのか、早い段階で文書にさせておくことが、あとの展開を有利にさせます。

解雇理由書の要求が難しい場合には弁護士へ

ご自分で解雇理由書を要求するのが難しい場合には、私たちベリーベスト法律事務所にご相談ください。弁護士があなたの代理人となって解雇理由書を取り寄せます。

不当解雇・退職勧奨のご相談は初回60分相談無料

不当解雇・退職勧奨のお問い合わせ・相談のご予約はこちら。
ぜひお気軽にご相談へお越しください。
弁護士

労働トラブルの備えに『弁護士費用保険』を

現職場でのトラブルが解決しても、トラブルが再発したり、転職先で労働トラブルに遭ってしまったりすることもあるでしょう。そんなときの備えに弁護士費用保険メルシーへの加入がおすすめです。

追加費用0円で家族も補償対象に 月額2500円で弁護士費用を補償

労働トラブルの中には、費用倒れになってしまう事件も少なくありません。また、弁護士費用を捻出できないがために依頼を諦めてしまうこともあるでしょう。そのような問題を解消するのが『弁護士費用保険メルシー』です。

弁護士費用保険メルシーは月額2,500円の保険料で、万が一トラブルに巻き込まれた際の弁護士費用補償(着手金・報酬金)が受けられます。もちろん残業代請求だけでなく、ハラスメントや不当解雇、離婚、相続、自転車事故、子どものいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認ください。)

追加保険料0円で、ご自身だけでなく家族も補償範囲となります。ご自身と大切な家族をトラブルから守るため、まずは無料の資料請求から承ります。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

提供:株式会社カイラス少額短期保険 KL2020・OD・069

追加費用0円で家族も補償対象に 月額2500円で弁護士費用を補償
閉じる
PAGE TOP