不当解雇でハローワークに行きました。自己都合退職になるのでしょうか?

Question

Question_person

納得がいかない理由で解雇されました。ハローワークに行き、失業保険を受けようとしたら、会社からもらった離職票には「自己都合」と書かれています。ですが、実際には会社側の都合で辞めされられています。このような場合、どうしたらいいのでしょうか?

Answer

Answer_person

不当解雇されたにもかかわらず会社が離職票に「自己都合退職」と書いてハローワークに提出してしまうケースがあります。
すると、失業保険の受給開始時期が大幅に遅れますし、受給金額も低くなります。

解雇の場合、自己都合退職ではなく会社都合退職となるはずです。
そこで離職票に「自己都合退職」と書かれた場合には、ハローワークに異議申し立てをすることが可能です。
異議申し立てをする際には、「異議申立書」を作成してハローワークに持参し、離職票とともに提出します。

異議申立書には、会社から不当に解雇されたことや、現在係争中であることなどを記載し、日付を入れて署名押印をして提出します。審査によって退職理由が訂正されれば会社都合退職扱いにしてもらうことが可能です。

ハローワークに相談しても解決が見込めない場合や、不当解雇問題でお悩みの方は、お早めに弁護士にご相談ください。

失業保険を受けるときの、会社都合退職と自己都合退職の違いについて、以下のコラムで詳しく解説しています。合わせてご覧ください。

【関連コラム】
失業保険は解雇でも受給できるの? 受給条件や手続きを弁護士が詳しく解説

不当解雇・退職勧奨のご相談は初回60分相談無料

不当解雇・退職勧奨のお問い合わせ・相談のご予約はこちら。
ぜひお気軽にご相談へお越しください。
弁護士

労働トラブルの備えに『弁護士費用保険』を

現職場でのトラブルが解決しても、トラブルが再発したり、転職先で労働トラブルに遭ってしまったりすることもあるでしょう。そんなときの備えに弁護士費用保険メルシーへの加入がおすすめです。

追加費用0円で家族も補償対象に 月額2500円で弁護士費用を補償

労働トラブルの中には、費用倒れになってしまう事件も少なくありません。また、弁護士費用を捻出できないがために依頼を諦めてしまうこともあるでしょう。そのような問題を解消するのが『弁護士費用保険メルシー』です。

弁護士費用保険メルシーは月額2,500円の保険料で、万が一トラブルに巻き込まれた際の弁護士費用補償(着手金・報酬金)が受けられます。もちろん残業代請求だけでなく、ハラスメントや不当解雇、離婚、相続、自転車事故、子どものいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認ください。)

追加保険料0円で、ご自身だけでなく家族も補償範囲となります。ご自身と大切な家族をトラブルから守るため、まずは無料の資料請求から承ります。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

提供:株式会社カイラス少額短期保険 KL2020・OD・069

追加費用0円で家族も補償対象に 月額2500円で弁護士費用を補償
閉じる
  • 電話でのお問い合わせ
    電話でのお問い合わせ
    0120-359-190
  • メールでのお問い合わせ
    メールでのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
    メールでの
    お問い合わせ
  • まずは電話かメールでお問い合わせください。

    電話受付け時間平日 9:30~21:00 / 土日祝 9:30~18:00
PAGE TOP