menu
  • 小
  • 中
  • 大

よくある質問

退職勧奨に関するよくある質問

Q2

会社の備品のボールペン1本を私用に使ったことを理由に懲戒解雇をほのめかされています。他の同僚も同じなのに私だけ懲戒解雇は納得がいかないのですが、1週間以内に会社に退職願いを出せば、自己都合退職扱いにすると言われています。
懲戒解雇になると転職活動にも支障があるので、退職願いを出した方が良いのでしょうか。

A2

退職願いを出さず、すぐに弁護士に相談する必要があります。
確かに、会社の備品を私用に使うことは問題ですので、懲戒処分の問題にはなりえますが、懲戒解雇が相当といえるかどうかは、当該備品・使用頻度・会社の被った損害・同じ行動をした他の社員への処分の有無・他の処分事案との均衡・当該社員のそれまでの処分歴や勤務態度等を総合的に考慮し、慎重に検討する必要があると考えられます。

そして、懲戒解雇事由があるとはいえないのに、あるかのようにほのめかして退職願いを出させた場合、退職の意思表示が錯誤や強迫によるものであるとして、事後にその効力を争う方法もあり得ますが、一般的に、一旦出した退職願いの意思表示の効力を争うことは容易ではありませんので、退職願いを出すことを留保し、一刻も早く弁護士と相談し、会社との交渉を依頼することをお勧めします。

■上記のご質問に関連するページのご案内

不当解雇・退職勧奨トップへ戻る

お電話によるお問い合わせはこちら

お問い合わせ0120-666-694

0120-666-694

各オフィスご連絡先

ベリーベスト法律事務所

〒106-0032 東京都港区六本木1-8-7 MFPR六本木麻布台ビル11階
TEL : 0120-666-694
ベリーベスト弁護士法人(所属:第一東京弁護士会)

営業時間9:30 - 21:00(平日)9:30 - 18:00(土日祝日)
  • 無料通話 0120-666-694
  • お問い合わせ